花粉症 症状原因

花粉症とはいったいどんな病気?症状や原因を解説!

花粉症は一言でいえば、
典型的なアレルギー疾患の一つです。

 

 

アレルギー疾患とは特手の原因物質が
人体に侵入してアレルギー藩のを引き起こし、
その結果として人体にとって不都合で深いな
症状を誘発する病気なのです。

 

 

この原因物質のことを専門用語で
アレルゲンと言います。

 

 

花粉症のアレルゲン、つまり花粉症を引き起こす
物質はもちろん「花粉」です。

 

花粉と言っても色々な種類がありますが
中でもスギ花粉が代表する花粉です。

 

 

スギ花粉が原因の花粉症をスギ花粉症といいます。

 

 

花粉症になるのは、花粉が飛び始める春頃に
目、鼻、喉、気管などの粘膜や皮膚などに付着して
体に侵入することでアレルギー反応を引き起こします。

 

 

アレルギー反応は個人によって違いますが・・・・

 

アレルギー性鼻炎ですとくちゃみ、鼻水、鼻づまり

 

アレルギー性結膜炎ですと充血、目の痒み、涙目

 

アレルギー性気管支炎ですと、咳、痰など

 

 

花粉症の症状は、原因となる花粉が飛ぶ季節だけに現れます。

 

 

花粉植物の種類によって季節が違いますが
スギ花粉症の場合は2〜5月です。

 

 

花粉症の方は、5月までは
しっかりと予防対策が必要ですね!