春(3月・4月・5月)の花粉症の特徴

春 花粉症の主役 スギ花粉

 

春の花粉症の代名詞といえば・・・

 

やはり、スギ花粉症です。

 

 

地方別にスギ花粉の飛散時期を調べてみると

 

九州・四国では2月の上旬から

 

関東では2月下旬

 

東北地方では3月に入ってから飛散が始まります。

 

 

いずれの地域でも5月末頃まで飛散が続きます。

 

 

スギに次いで多い、ヒノキ花粉症

 

スギ花粉に続いて飛散し始めるのは・・・

 

ヒノキ花粉です。

 

 

ヒノキ花粉はスギ花粉に少し遅れて
2月下旬から飛散し始め、

 

特に3月〜5月をメインに飛散します。

 

 

ヒノキ花粉症患者の約7割の方が
スギ花粉症患者でもあるそうです。

 

 

スギ花粉症とヒノキ花粉症は飛散時期が重なるので混同しやすく、
またスギ花粉とヒノキ花粉は糖たんぱくの構造がよく似ています。

 

 

ヒノキ花粉症は年々急速に増加傾向にあるようです。

北海道ではシラカバ・ハンノキ

 

本州でスギ花粉症が流行している頃、
北海道ではシラカバ・ハンノキ花粉症が流行します。

 

 

北海道ではスギ花粉症はほとんど見られません。

 

 

しかし、

 

同時期に北海道で花粉症にお悩みの方は、
ハンノキ花粉症か、シラカバ花粉症の可能性が高いです。

 

 

ハンノキ花粉は1月〜4月、

 

シラカバ花粉は4月〜6月が飛散時期です。

 

 

また

 

 

ハンノキ花粉症やシラカンバ花粉症は
食物アレルギー症状を発症しやすく、
果物を食べると口の中が腫れるなどの症状が特徴です。