夏(6月・7月・8月)の花粉症の特徴

夏の花粉症はイネ科が中心

 

夏に花粉症の症状が出る場合は、
本州ではイネ科の植物がアレルゲンになっていることが多いようです。

 

イネ科花粉症の代表的な植物はオオアワガエリ・カモガヤです。

 

 

イネ科の花粉は、スギ花粉の飛散時期が終わる
5月頃から飛散し始め、本州では7月頃まで飛散します。

 

しかし、

 

5月〜7月は本州・四国・九州地方は梅雨で、
湿度が高く花粉は飛散しにくいのでイネ科花粉症患者はあまりみられません。

 

 

梅雨のない北海道ではイネ科花粉症患者は多いようです。

 

 

そのほか、夏の後半、8月頃からはブタクサやヨモギの花粉の飛散がはじまります。

夏 花粉症の症状

 

夏の花粉症は夏風邪のような症状が多いのが特徴です。

 

風邪と思っていたら実は花粉症であったという方も少なくないようです。
長引く様だったり毎年ひくようだったら、花粉症かもしれません。

 

 

8月の花粉症はブタクサですが、症状はスギ・ヒノキ花粉とほぼ同じ
鼻の症状、目の症状がメインです。

 

一方、

 

6月〜7月に多いイネ科の花粉症は、
皮膚のかゆみなど全身症状が出やすいことが特徴です。

夏 花粉症の対策

 

夏の花粉症は草本植物がアレルゲンとなる草本花粉です。

 

春の花粉症の原因であるスギやヒノキなどの花粉は
高い木から風にのって数10kmも飛散しますが、
これらの草本植物は丈が低く、花粉は数10mの範囲にしか広がりません。

 

そのため、

 

その植物の近くにいなければ花粉を避けることができ、
症状が出ることも少ないとされています。

 

 

花粉が飛散していない時期に、それらの植物が生えている場所を確認しておき、
花粉の飛散時期がきたらそこには近づかないようにするとよいでしょう。