秋(9月・10月・11月)の花粉症の特徴

秋の花粉症

 

秋の花粉症の多くがヨモギやブタクサが原因植物のようです。

 

そのほか、

 

セイタカアワダチソウといったキク科の植物、
クワ科のカナムグラ、イラクサ科などが代表的です。

 

これらは、道端や空き地によく生えている雑草です。

 

 

夏の花粉症の原因植物同様、草本植物で高さがせいぜい2メートルぐらいしかなく、
数キロ先まで花粉を飛ばすスギやヒノキとは異なり、花粉は数十メートルしか飛散しません。

 

 

原因となるブタクサやヨモギ科、セイタカアワダチソウなどの
草本植物に近寄らないことが一番の予防策といえるでしょう。

秋 花粉症の症状

 

秋の花粉症は、季節の変わり目と重なることもあり、
鼻風邪と勘違いされる方が多いようです。

 

秋は、春の花粉症と比べて花粉の飛散量が少ないこともあって
症状は軽いといわれますが慢性化しやすいようです。

 

また、

 

秋の花粉症の代表格であるブタクサなどは花粉の粒子が小さく、
気管に入ってぜんそくを引き起こす場合もあるので油断は禁物です。

秋 花粉症の対策

 

秋の花粉症は、夏の花粉症同様、
主に草本植物がアレルゲンとなる草本花粉です。

 

 

春の花粉症の原因であるスギやヒノキなどの花粉のように
数10kmも飛散することなく、これらの草本植物の花粉は
数10mの範囲にしか広がりません。

 

そのため、

 

その植物の近くにいかなければ花粉を避けることができ、
症状が出ることも少ないのです。

 

花粉が飛散していない時期に、それらの植物が生えている場所を確認しておき、
花粉の飛散時期がきたらそこには近づかないようにするといいです。

 

 

秋は季節の変わりめで風邪もひきやすい季節

 

この季節は、免疫力を高めて花粉症や風邪の予防を心がけた方がいいです。

 

 

例えば・・・

 

 

免疫ミルクマヌカハニーなど、日常生活の中で子どもからお年寄りまで
手軽に摂取しながら免疫力を強化できる健康食品としておすすめです。