花粉症対策にお薦めの乳酸菌

花粉症対策は腸内環境を整える乳酸菌がお薦め!

 

乳酸菌と言うと・・・

 

「ヨーグルト」

 

と思う方が多いと思います。

 

また、

 

「ヨーグルト」と言うと・・・

 

「便秘」「ダイエット」

 

と結びつくと思います。

 

 

しかし!

 

乳酸菌を多く含むヨーグルトは

 

実は・・・

 

「花粉症を改善するパワー」があります。

 

 

そこで、

 

 

乳酸菌と花粉症にについて解説していきたいと思います。

 

乳酸菌に秘められた力とは?

 

体にいいと言われているものの1つに、
乳酸菌があります。

 

乳酸菌には様々な作用、効果があります。

 

代表的なものが、腸の状態を整える作用です。

 

乳酸菌を取り入れることで、便秘や下痢が改善します。

 

 

悪玉菌と呼ばれる細菌の増殖を抑えたり、
免疫を高める作用があったり、
コレステロールを抑える効果、
発がんを抑える作用があることなどが報告されています。

 

 

 

乳酸菌が花粉症対策に効果がある秘密とは?

 

私たちのカラダには、病原体やウイルスなどから自身を守るための
「免疫細胞」が備わっています。

 

免疫は、自然免疫と獲得性免疫に分類され、
花粉症は獲得性免疫に含まれます。

 

この獲得性免疫の過剰反応により、
鼻や眼にアレルギー症状として起こるのが花粉症です。

 

そして、

 

花粉症に対する、免疫細胞であるヘルパーT細胞の
「Th1細胞」と「Th2細胞」が、発症に関係があるといわれています。

 

 

花粉症は、免疫細胞である「Th1細胞」に対して、
「Th2細胞」が相対的に多いとアレルギー反応を引き起こすと言われています。

 

また、

 

逆に「Th1細胞」を増やすか、「Th2細胞」を減らすと
アレルギー反応が軽減するとの報告があります。

 

これらの花粉症に有効とされる乳酸菌は、
細菌やウィルスを攻撃する『Th1』という細胞と
アレルギーの原因となる『Th2』という細胞、
この2つのバランスを改善する働きがあり、
花粉症やアトピー性皮膚炎などの
アレルギー症状が起こりにくい体内環境を作り出すようです。

 

 

花粉症に効く3つの乳酸菌とは?

 

乳酸菌には様々な種類があり、特徴もあるようです。

 

その中でも現在、特に注目されているのが
「フェカリス菌」と「KW乳酸菌」と「L-92乳酸菌」です。

 

 


 

フェカリス菌

 

乳酸菌の中でも、注目の「フェカリス菌」。人間の体内から分離して加熱処理を行い、乾燥させた乳酸球菌です。実験でも鼻かみの回数、眼のかゆみ、鼻づまりで統計上、改善が見られたそう。また、フェカリス菌は菌そのものが小さいため、一度に数多く摂取することができるのが特徴。そしてフェカリス菌は加熱殺菌処理した死菌でも効果を発揮するため、胃酸で死んだ菌でも腸内の善玉菌のエサになり悪玉菌を減らし、腸を整えます。

 

フェカリス菌を含む製品としては、伊藤園・チチヤス 共同開発品の「朝のYoo」などがあります。

 

 

KW乳酸菌

 

キリングループと小岩井乳業が共同研究をし、キリンビール社が2002年にアレルギー改善作用が期待できることを発見した乳酸菌です。アレルギーと関係の深い白血球のバランスを整えます。このKW乳酸菌は、強い酸に耐えられるので、胃酸で死ぬことなく生きたまま腸に到達できるというのが特徴です。

 

消費者向け商品として『小岩井 KW乳酸菌ヨーグルト』が小岩井乳業から発売された他、『キリン ノアレ 粉末タイプ』などサプリメントも発売されています。

 

 

L-92乳酸菌

 

「L-92乳酸菌」は、カルピス社が開発した新機能性乳酸菌という新しい機能をもった乳酸菌の種類のひとつです。「L-92乳酸菌」は免疫のバランスを整えることが期待できる菌として知られています。カルピス社は『L-92乳酸菌』が鼻のかゆみ、目のかゆみといった花粉症特有のアレルギー症状を緩和し、Th2(アレルギー因子)を活発にする物質も、抑えられることを実証しました。ほとんどの乳酸菌は、腸まで到達することができませんが、「L-92乳酸菌」は生きたまま腸にまで届きその効果を発揮します。

 

L-92乳酸菌を配合した代表的な商品には同社の『アレルケア』があります。

 

 

乳酸菌を摂る上で気を付けたいこととは?

菌の数が大事

 

生きた乳酸菌が腸まで届くことが大切だと言われてましたが、実は乳酸菌が生きていようがいまいが、数多くの乳酸菌を摂ることが花粉症対策には大切なんだそう。

 

継続が大切

 

100〜200gぐらいをできれば毎日食べることによって、効果が現れはじめます。なので、花粉が大量飛散する前に始めた方がいいとされています。個人差があるので1ヶ月ほどで効果を感じる人や半年ほどかかるという人も

 

レンコンと一緒に食べる

 

「レンコン+乳酸菌」の粉末を、味噌汁やお茶に入れて3ヶ月間被験者に摂取し続けてもらったところ、81%に花粉症の症状緩和が認められたとのこと。レンコンも毎日の食事に加えましょう。

 

砂糖はダメ

 

免疫力低下を防ぐためのビタミンBなどが、白砂糖を摂ることで減少してしまうのだそうです。なので、できるだけはちみつや黒砂糖などを使いましょう。

 

治療より予防が大切

 

乳酸菌は免疫機能のバランスを調整するのに効果的ですが、本来正常であるはずの免疫機能のバランスを崩してしまった原因が存在するはずです。いかなる病気でも「治療よりも予防が大切」ということがよく言われます。免疫機能のバランスを崩す要因を取り除くことが、花粉症の予防にあたります。