花粉症 目の症状と対策

花粉症の目の症状とは

 

花粉症の目の症状としては、以下のようなものがあります。

 

・目がかゆい

 

・目が充血する

 

・涙が出る

 

・目の周りやまぶたが腫れる

 

・目の下があれる

 

・目に異物感を感じる

 

・目ヤニが出る

 

 

これらは、アレルギー性結膜炎の症状であり、
鼻炎同様に季節性のアレルギーに分類されます。

 

 

このアレルギー性結膜炎が悪化するとまぶたの裏にブツブツが出来てしまうこともあり、
症状が進みそれを放置して悪化した場合、視力を失う危険性もあるといいます。

 

痒みがひどい場合は、早めに眼科を受診することをお勧めします。

花粉症のコンタクトレンズ装用について

 

不適切にコンタクトレンズを使用している場合、
巨大乳頭結膜炎などにもなりえます。

 

 

コンタクトレンズをしている人は目が痛くて
レンズを装用できなくなることもあります。

 

 

花粉症の方の中には、コンタクトレンズを使用している方も少なくないと思います。

 

花粉症で目の症状がひどい場合、
コンタクトレンズの使い方にも注意が必要です。

 

 

花粉症で目に不快感がある人は、コンタクトレンズの装用をやめてメガネにしたほうがアレルギー性結膜炎を防ぐことができます。

 

 

目には涙による洗浄作用がありますが
コンタクトレンズを装用していると涙による洗浄効果が低下するため
アレルギーの元となる花粉が目の中に停滞しやすくなるからです。

 

また、

 

コンタクトレンズにはただでさえ、装用時にたんぱく質や脂質が付着しやすいのですが、
花粉の汚れも加わって目の中には汚れがたまりやすくなります。

 

 

では、

 

「コンタクトレンズを付けなくても花粉症対策ができるメガネは?」

 

というと・・・

 

 

「Zoffの「AIRVISOR(エア・バイザー)」

 

 

 

花粉カット率が驚きの98.4%で税別3000円

 

 

詳しくは「花粉症対策にお薦めのメガネ」を参考にしてくださいね!

 

 


 

 

 

 

 

 

花粉症対策メガネのすすめ

 

花粉は、鼻からだけでなく目からも入ってきます。

 

花粉症の目の症状でお悩みの方は、
まずは花粉対策メガネで、目からの花粉をシャットアウトしましょう!

 

 

前回、Zoffの「AIRVISOR(エア・バイザー)を紹介しましたが、
「J!NS花粉Cut」はラインナップが豊富でおしゃれ!

 

 

2013年よりもフレーム、カラーのバリエーションが増えていて
ラインナップは全部で6種類

 

また、

 

J!NS花粉Cutの特徴は・・・

 

子供の安全への配慮がなされていることです。

 

 

 

裸眼の方もコンタクトレンズの方も、
オシャレをかねて花粉症対策メガネをかけてみてはいかがでしょうか?