花粉症 のど・咳と対策

花粉症の喉の症状とは

 

花粉症はときに、喉に症状が現れます。

 

例えば・・・

 

・喉がイガイガする
・のどが痒い
・せきが止まらない

 

 

その主な原因として「後鼻漏(こうびろう)」が挙げられます。

 

 

後鼻漏とは、アレルギー性鼻炎や花粉症、副鼻腔炎によって作られた
鼻汁や鼻水が鼻の後ろから喉に少しずつ流れ、その刺激で咳が出ることです。

 

 

また、

 

 

花粉症で痰(たん)が増えたと感じる場合、
多くは喉に流れ込んだ鼻汁・鼻水を「痰が増えた」と感じていることが多いのです。

 

 

一方、別の原因として鼻詰まりによって口呼吸をするため
喉の粘膜が腫れてしまうことにより咳が出ることもあります。

花粉症 喉の症状の対策

 

花粉症によるのどの痛み、咳の症状の改善策としては、
アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの放出を抑えるサプリメントなどで
症状を緩和するといいです。

 

例えば、「ダグラス 花粉スーパーパック」です。

 



 

栄養素を摂ってアレルギーを体質から改善するという
栄養学的なアプローチが特徴で、
即効性で症状を緩和しながら体質改善できると注目されています。

 

>>医師も選ぶサプリメント、ダグラスの詳細はこちら!>>

 

 

 

また、喉のヒリヒリや咳が止まらないなど
喉の粘膜を痛めているような場合には、
マヌカハニーがおすすめ。

 

 

 

マヌカハニーは薬効のある蜂蜜として、一般のハチミツよりも高い抗菌性を持っており、
抗菌作用の基準である「UMF」や「MGO」の高いタイプは喉の痛みに効果的に作用します。

 

 

>>UMF協会認定UMF マヌカハニー はこちら!>>

花粉症で喘息?!PM2.5とのダブルパンチが驚異

 

花粉症の時期には、喘息に似た症状が出ることもあり、
花粉喘息とよばれることもあります。

 

従来は、花粉の粒子サイズから、それらは鼻で捕らえられるために
肺や気管支の症状である喘息などは起きないとされていました。

 

しかし、

 

近年の研究では、花粉の周りには鼻を通過するサイズの微粒子が多数付着していることがわかり、
それらを吸引することで喘息が起こり得るのだそうです。

 

二次飛散を繰り返すうちに細かく砕かれる花粉もあるのです。

 

 

そして、

 

中国の大気汚染PM2.5が、この花粉喘息をさらに悪化させると言われています。

 

 

PM2.5は花粉のサイズよりもはるかに小さく、
肺や気管支にまで入ってくる可能性が高いです。

 

さらに、

 

PM2.5と花粉が合体し、それが飛散するうちに細かく砕かれて、
PM1.0というPM2.5よりもさらに深刻な健康被害を引き起こす
超微粒子になるとの推測がなされています。

 

 

花粉だけでなくPM2.5対策には
やはり空気清浄機が一番!

 

 

詳しくは「花粉症対策にお薦めの空気清浄機」を参考にしてくださいね!

花粉症とPM2.5対策

 

上記に述べた花粉症とPM2.5による健康被害を防ぐためには、
まずは花粉を体内に取り込まないようにするのが一番の対策です。

 

外出する場合は、マスクをして花粉や大気汚染物質を体内に取り込まないようにしましょう。

 

マスクは、花粉症対策ではなく、ウイルス対策など高性能のマスクをおすすめします。

 

詳しくは「花粉症対策にお薦めのマスク」を参考にしてくださいね!

 

 

屋内では空気清浄機で、花粉や大気汚染物質の浮遊を防ぎましょう。

 

最近では、PM2.5に対応した高性能な空気清浄機が注目を集めています。

 

詳しくは「花粉症対策にお薦めの空気清浄機」を参考にしてくださいね!

 

 

PM2.5よりもさらに微細な汚染物質PM1.0もキャッチできる
超高性能な空気清浄機と言えば・・・

 

 

「ブルーエア空気清浄機/Blueair」

 

 

 

この空気清浄機は「清浄スピード」と「汚れの除去性能」で
他者を追随させない性能を持っています。

 

 

空気をいかに早く効率的に清浄できるかの判定基準となるCADR値では、
「花粉」「ホコリ」「タバコ煙」という3 種類の汚染物質のいずれにおいても世界NO1

 

空気清浄能力の点では現時点で世界一の技術だそうです。

 

 

花粉だけでなく、PM2.5などの深刻な大気汚染もあっという間に分解してしまいます。

 

 

ただし、ただ一つ欠点をあげるなら・・・

 

 

「価格が高い」ということ

 

 

しかし、

 

 

日頃の健康管理のことを考えると
値段ではなく性能を重視したほうがいいですね。

 

赤ちゃんや子どものためにも
空気清浄機選びは特に気をくばりたいものですね。

 

 

>>ブルーエア空気清浄機の最安値はこちら!>>