花粉症 頭痛・発熱とその対策

花粉症の頭痛の症状

 

花粉症のシーズンになると頭痛を訴える人は少なくありません。

 

花粉症にによる頭痛の原因は、
主に鼻粘膜の炎症によります。

 

 

また、鼻粘膜の炎症が悪化すると、
副鼻腔炎を起こしてしまいます。

 

 

鼻水が止まらない、鼻が詰まる、鼻のかみすぎで痛くなる、
鼻汁を頻繁に飲みこむなどなど・・・

 

こうしたアレルギー症状である鼻粘膜の炎症によって、
脳に十分な酸素が行き届かなくなることでも頭痛が引き起こされます。

 

 

このような花粉症による頭痛の症状は、
鼻の通りが良くなれば少しずつ緩和されていきます。

 

 

ただし、

 

 

なかなか症状が改善しない場合は副鼻腔炎の可能性があるので、

耳鼻科を受診したほうがいいです。

 

花粉症での熱がでるとき

 

花粉症の症状で熱が出る、すなわち発熱するケースもあります。

 

風邪との見分け方は発熱の状態でわかります。

 

つまり、

 

鼻水、鼻づまりの他に微熱が長く続いている場合は「花粉症」です。

 

しかし、

 

38度を超える高い熱や頭痛、関節痛が出ている場合は
風邪やインフルエンザの可能性が高いです。

 

 

風邪か花粉症か判断に迷ったら

耳鼻科を受診されるといいです。

 

 

余談になりますが・・・

 

 

アメリカやイギリスでは花粉症の症状を「Hay Fever(千草熱)」と呼びます。
つまり、花粉症で熱が出るケースは一般的なようです。

花粉症による頭痛・熱の対策

 

以上、まとめますと・・・

 

花粉症による頭痛や発熱は、以下の原因が上げられます。

 

・鼻の炎症によって脳に酸素が行き届かなくなっている
・アレルゲンに対する体の防御反応が働いていること
・免疫機能が低下していること

 

 

そこで、

 

まずは鼻の通りをよくしつつ、免疫機能を高めていく
花粉症用のサプリメントの摂取がおすすめです。

 

お薦めのサプリメントとは・・・

 

「ダグラス 花粉スーパーパック」

 



 

 

アメリカでは医師が処方するサプリメントとして有名です。

 

 

ダグラス 花粉スーパーパックはハーブ由来の健康食品です。
薬ではないので眠くなったりボーッとしたりなどの副作用の心配もありません。

 

>>医師も選ぶサプリメント、ダグラスの詳細はこちら!>>