花粉症の市販薬(OTC)

花粉症に使われる抗ヒスタミン薬とは?

 

花粉症に効果のある市販薬(OTC)は
数多く販売されています。

 

その中で、

 

どれが自分にあっているのか選ぶのは大変・・・

 

 

もちろん、

 

ドラックストアや薬局の薬剤師に相談しながら
自分に合った市販薬(OTC)を服用した方がいいです。

 

 

しかし、

 

 

忙しくて時間がない場合は、通販で購入すると思います。

 

 

そこで、

 

通販で花粉症の薬を選ぶ上で参考になる情報を紹介します。

 

 


 

 

まず、花粉症で内服する薬は
抗ヒスタミン薬と言われるものですが、

 

この抗ヒスタミン薬には大きく2つのタイプがあります。

 

 

第一世代抗ヒスタミン薬

 

 

第二世代抗ヒスタミン薬

 

 

第一世代抗ヒスタミン薬とは昔からある抗ヒスタミン薬で
鼻水・鼻づまりを抑える効果は強いが眠気の問題があります。

 

この眠気の問題を解決したのが第二世代抗ヒスタミン薬です。
さらに、この第二世代抗ヒスタミン薬は抗アレルギー作用もあります。

 

 

第一世代、第二世代にはそれぞれ特徴があるので
症状に応じて使い分ける必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

第一世代、第二世代抗ヒスタミン薬の使い分けとは?

 

第一世代と第二世代抗ヒスタミン薬を比べた場合、
眠気が少ない第二世代がいいと思いがちですが、
症状によっては第一世代の方が合っている場合があります。

 

 

薬は新しいものが良いように思いますが

あくまで自分の症状に合っているかが重要です。

 

 

 

では、どのように使い分けるかというと・・・

 

 

 

第一世代抗ヒスタミン薬・・・すでに花粉症が発症していて、すぐに症状を何とかしたいという場合

 

 

第二世代抗ヒスタミン薬・・・花粉症の出始め、もしくは軽症の場合

 

 

 

 

それでは、

 

 

次に世代別お薦めの市販薬(OTC)を紹介します。

第一世代抗ヒスタミン薬配合の市販薬(OTC)を選ぶ前に注意することとは?

 

「辛いくしゃみ、鼻水、鼻づまりを何とかしたい!」

 

 

という方には、

 

 

真っ先に第一世代抗ヒスタミン薬がお薦めですが
服用する前に、一つ確認して欲しいことがあります!

 

 

それは、

 

 

1日2回タイプにするか?1日3回タイプにするか?

 

 

この服用回数を選ぶことは
別に何ともないように思えますが、ココをおろそかにすると
せっかくの薬の効果を十分に発揮できずに終わってしまうのです。

 

 

1日2回タイプ・・・昼間、仕事で外出している場合や時間がなく薬の服用を忘れがちになる人にお薦め

 

 

1日3回タイプ・・・きっちり症状を抑えておきたい人にお薦め

 

 

今は薬の製剤技術が進み、薬の中には
1日1回タイプ、週1回タイプ、
さらには月1回タイプと
なるべく服用回数を減らす動きになってきています。

 

 

ですから、

 

 

抗ヒスタミン薬も飲み忘れの少ない
1日2回の持続タイプが良いように思いがちですが、

 

朝服用した薬効が午後には低下してくるので、
次の服用の夕まで薬の効果が続きにくくなっています。

 

 

第一世代抗ヒスタミン薬を選ぶ場合は

現在の症状とライフスタイルの両方を考えて
選ばれた方がいいです。

 

 

 

 

 

 

お薦め第一世代抗ヒスタミン薬とは?

 

お薦めの第一世代抗ヒスタミン薬は・・・

 

「エスタック」

 

「コルゲン」

 

「パブロン」

 

これらの市販薬(OTC)にはそれぞれ特徴があるので
順番に説明していきたいと思います。

 


 

「エスタック」

 

 

エスタックには1日2回タイプと3回タイプがあります。

 

 

1日2回タイプのエスタック鼻炎カプセル12

 

名前にある「12」という数字は12時間ごとの服用を意味していて
1日2回タイプであることを示しています。

 

第一世代抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンの他に
鼻水を抑える抗コリン薬のベラドンナ総アルカロイド
鼻づまりを抑える血管収縮剤のプソイドエフェドリン
抗アレルギー作用の生薬サイシンなどがバランスよく配合されています。

 

用量調節によって7歳から服用可能です。

 

 

1日3回タイプのエスタック鼻炎ソフトニスキャップ

 

基本的な成分はエスタック鼻炎カプセル12と同じですが、
このソフトニスキャップは中身の成分が液状のソフトカプセル

 

中の成分が液状なので
素早く吸収されるので即効性があります。

 

 

「コルゲン」

 

 

コルゲンにも1日2回タイプと3回タイプがあります。

 

 

1日2回タイプのコルゲンコーワ鼻炎持続カプセル

 

 

第一世代抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンの他に
鼻水を抑える抗コリン薬のベラドンナ総アルカロイド
鼻づまりを抑える血管収縮剤のプソイドエフェドリン

 

さらに、

 

抗炎症作用のグリチルリチン酸も配合されています。

 

用量調節により7歳から服用できます。

 

 

1日3回タイプのコルゲンコーワ鼻炎ジェルカプセル

 

 

基本的な成分はコルゲンコーワ鼻炎持続カプセルと同じですが、
中身が液状になっているソフトカプセルです。

 

 

中身が液状と言うことは、
より早く体に吸収されるので
即効性が期待できます。

 

 

また、

 

 

普通1日3回タイプは毎食後ということが多いですが
このカプセルの場合は特に食後とはなっておらず
症状があるときはいつでも服用していいことになっています。

 

 

「パブロン」

 

 

パブロンにも1日2回タイプと3回タイプがあります。

 

 

1日2回タイプのパブロン鼻炎カプセルS

 

 

第一世代抗ヒスタミン薬のカルビノキサミン
鼻水を抑える抗コリン薬のベラドンナ総アルカロイド
鼻づまりを抑える血管収縮剤のプソイドエフェドリン

 

 

さらに、

 

 

抗炎症作用のリゾチームが配合されています。

 

 

また、

 

 

有効成分が半分に減量した
パブロン鼻炎カプセルS小児用もあります。

 

 

パブロン鼻炎カプセルSは15歳以上から

 

パブロン鼻炎カプセルS小児用は7〜14歳です。

 

 

 

1日3回タイプのパブロン鼻炎錠S

 

 

基本的な成分内容はパブロン鼻炎カプセルSと同じ

 

 

7歳から服用できます。

 

 

お薦め第一世代抗ヒスタミン薬配合の点鼻薬とは?

 

花粉症の治療薬は内服薬がすべてではありません・・・

 

点鼻薬点眼薬もあります。

 

 

場合によっては

 

内服薬と点鼻薬、点眼薬と併用して使用することがあります。

 

 

お薦めの第一世代抗ヒスタミン薬配合の
点鼻薬は・・・

 

 

「コルゲンコーワ鼻炎ジェット」

 

 

「パブロン点鼻S」

 

 

順番に紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

 

「コルゲンコーワ鼻炎ジェット」

 

第一世代抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンの他に

 

鼻づまりを改善する血管収縮薬ナファゾリン
細菌による感染を防ぎ、鼻腔内を清潔に保つ塩化ベンザルコニウム
鼻粘膜の痛み、かゆみをしずめるリドカイン

 

などが配合されている点鼻薬です。

 

メントールとペパーミント香料が配合されているので
使用時に清涼感があるのが特徴

 

7歳以上から使用でき
3〜4時間の間隔をあけて
1日6回まで使用できます。

 

 

「パブロン点鼻JL」

 

第一世代抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンの他に

 

鼻づまりを改善する血管収縮薬テトラヒドロゾリン
細菌による感染を防ぎ、鼻腔内を清潔に保つ塩化ベンザルコニウム

 

などが配合されている点鼻薬です。

 

 

この点鼻薬の大きな特徴は・・・

 

噴霧した薬液が炎症部でジェル化するため

長くとどまることです。

 

 

7歳以上から使用でき
3時間以上の間隔をおいて、
1日6回まで使用できます。

 

 

 

 

 

 

第二世代抗ヒスタミン薬の特徴とは?

 

第二世代抗ヒスタミン薬は
これまで処方箋でしか服用できなかった
医療用医薬品が市販薬(OTC)へ
スイッチされたものが多いです。

 

医療用医薬品が市販薬(OTC)として
買えるようになったものを
「スイッチOTC」と言ったりします。

 

 

第二世代抗ヒスタミン薬は
第一世代と比べて大きな違い、特徴があります。

 

 

それが・・・

 

「眠気」

 

 

第一世代抗ヒスタミン薬は
即効性があってよく効くのですが、
飲むとだるくなったり、ボーッとしたりする
副作用に悩まされてしまいます。

 

 

そこで、

 

 

第一世代の効果を残しつつも
眠気の副作用を改善した
第二世代抗ヒスタミン薬が登場しました。

 

 

第二世代抗ヒスタミン薬は

花粉症に代表される季節性アレルギーに対して
症状が軽いうちから飲み始めると効果的です。

 

 

第二世代抗ヒスタミン薬を選ぶ上で重要な2つのポイント!

 

医療用医薬品から市販薬(OTC)へスイッチされた
第二世代抗ヒスタミン薬が増えています。

 

第二世代抗ヒスタミン薬を選ぶ上で重要な
2つのポイントがあります。

 


 

服用回数

 

服用回数とは1日1回タイプと2回タイプです。

 

これは、どちらが良い悪いとかではなくて、
自分の生活スタイルに合わせて選ぶといいです。

 

夜遅くまで仕事が続く場合や
夜は食事に出かける場合が多い方は
1日1回タイプがお薦めですし

 

きっちり症状を抑えておきたい方は
1日2回タイプを選ばれるといいです。

 

眠気

 

眠気の問題は薬の効果以上に大切です。

 

「花粉症の症状は抑えたけれど日常生活がままならない・・・」

 

となると本末転倒

 

車の運転が多い方や営業マンの方は
眠気の少ない薬を第一に選んだほうがいいです。

 


 

 

以上、2つのポイントを抑えて
第二世代抗ヒスタミン薬を選ばれるといいです。

 

 

では次にポイント別にみるお薦めの
抗ヒスタミン薬を紹介します。

ポイント別にみるお薦めの第二世代抗ヒスタミン薬とは?

 

前回に引き続き、
ポイント別にお薦めの第二世代抗ヒスタミン薬を紹介します。

 

服用回数

 

1日1回タイプ

 

アレジオン10

 

6錠・・・1,280円、12錠・・・1,980円

 

 

エバステルAL

 

6錠・・・1,470円、12錠・・・2,100円

 

 

コンタック鼻炎Z

 

10錠・・・1,790円

 

 

いずれも15歳以上からの服用になります。

 

1日1回タイプは就寝前の服用が基本的です。
それは、朝のモーニングアタックを抑えるためです。

 

モーニングアタックとは
朝起きた時に、くしゃみ、鼻水が止まらなくなったり
鼻づまりが強くなったりすることです。

 

 

眠気の頻度を医薬品の添付文書から
調べてみると・・・

 

アレジオン 1.21%

 

エバステル 1.7%

 

ジルテック(コンタック鼻炎Z) 6.0%

 

 

第一世代抗ヒスタミン薬 5%以上と比べると
アレジオン、エバステルは眠気の問題は心配さなそうです。

 

しかし、

 

コンタック鼻炎Zは眠気の頻度が高いので注意が必要です。

 

眠気の問題は個人の体質にもよるので
この数値が絶対的ではありません。

 

裏を返せば、眠気が強いことは効果も強いことになるので
実際に服用して

 

「自分の症状にあっているか?」

 

「眠気は感じるのか?」

 

確かめてみる必要があります。

 

 

1錠当たりの価格で比較してみると

 

コンタック鼻炎Zが一番安く、1錠=179円

 

次にアレジオン10で、1錠=213円

 

最後にエバステルAL 1錠=245円

 

 

医療用抗ヒスタミン薬の効果の比較したものがあります。

 

アレロック=ジルテック>アレジオン=エバステル=アレグラ>クラリチン

 

眠気の強さもこの順番と同じす。

 

アレロックやジルテックは眠気の心配がありますが
第二世代抗ヒスタミン薬の中でも効果の高い薬として有名です。

 

 

これにならって市販薬(OTC)を並べてみると・・・

 

 

コンタック鼻炎Z>アレジオン10=エバステルAL

 

 

まとめると・・・

 

 

1日1回タイプを選ぶなら

効果の高いコンタック鼻炎Zを服用して
眠気が強ければアレジオン10か
エバステルALを飲まれた方がいいですね。

 

 

余談ですが・・・

 

最近、ザイザルというジルテックの眠気成分だけを除いた薬が発売されています。
ザイザルは医療用医薬品なので医師の処方が必要になりますが
ジルテック(コンタック鼻炎Z)で眠気が出た場合はザイザルを試すのもいいと思います。

 

 

1日2回タイプ

 

 

アレグラFX

 

 

アレグラFXは医療用と同じ量が配合されています。

 

 

アレグラFXの最大の特徴が・・・

 

「眠くなりにくい」

 

 

この眠気というのは自覚できる眠気だけでなく、
自覚できない集中力の低下も引き起こしにくい薬なんです。

 

難しい言葉で「インペアードパフォーマンス」と言ったりしますが
自分では大丈夫だと思っても気が付かないうちに
判断力や集中力が低下しているため
とっさの対応ができなくなる危険性があります。

 

アレグラは唯一、医療用医薬品の添付文書に

眠気を催すことの注意事項がありません。

 

 

14錠・・・1,380円  28錠・・・1、980円

 

 

スカイナーAL

 

 

医療用医薬品名はアゼプチン

 

24錠・・・1,103円  48錠・・・2、048円

 

包装単位が24錠、48錠と他とはちょっと違いますが
これは、服用方法が1回2錠を1日2回服用となるためです。

 

 

パブロン鼻炎カプセルZ

 

医療用医薬品名はザジテン

 

14カプセル・・・1,200円  28カプセル・・・2,100円

 

同じザジテンの成分が入った市販薬(OTC)として
「ザジテンAL鼻炎カプセル」があります。

 

成分量はパブロン鼻炎カプセルZと同じです。

 

10カプセル・・・1,200円  20カプセル・・・2,000円

 

 

価格を比較すると
パブロン鼻炎カプセルZの方が1カプセル当たりの価格が
ザジテンAL鼻炎カプセルより安いです。

 

 

 


 

 

眠気の頻度を医薬品の添付文書から
調べてみると・・・

 

アレグラ(アレグラFX) 0.5%

 

アゼプチン(スカイナーAL) 0.1〜5%未満

 

ザジテン(パブロン鼻炎カプセルZ) 4.4%

 

 

圧倒的に、アレグラFXが眠気の頻度が少ないことが分かります。

 

アレグラが発売するまでは、アゼプチンやザジテンがよく処方されましたが、
アレグラが発売してから一気に第二世代抗ヒスタミン薬を
代表する薬として有名になりました。

 

第二世代は眠気が少ないと思われがちですが

ザジテン(パブロン鼻炎カプセルZ)は眠気の頻度が高いので
注意が必要だと思います。

 

 

まとめると・・・

 

 

1日2回タイプを選ぶなら
まずは眠気の少ないアレグラFXを試してみるといいです。
アレグラFXで効果がいまいちと感じた場合は
スカイナーALがお薦めです。

 

 

眠気

 

次に当てはまる方は、眠気を基準に薬を選らんだ方がいいです。

 

タクシー運転手の方

 

運送・配送関係の方

 

建設作業員

 

営業マンの方

 

などなど・・・

 

日常、車や機械作業が中心の方や集中力を使う仕事をしている方は
眠気の少ない薬を第一に選んだほうがいいです。

 

 

第二世代抗ヒスタミン薬の眠気の頻度を
低い順で並べてみると・・・

 

 

アレグラ(アレグラFX) 0.5%

 

アゼプチン(スカイナーAL) 0.1〜5%未満

 

アレジオン(アレジオン10) 1.21%

 

エバステル(エバステルAL) 1.7%

 

ザジテン(パブロン鼻炎カプセルZ) 4.4%

 

ジルテック(コンタック鼻炎Z) 6.0%

 

 

やっぱり、

 

眠気の少ない薬は「アレグラFX」ですね!

 

アレグラは眠気が少ないだけでなく
自分では気が付かない集中力の低下も防ぐので
安心して服用できます。

 

 

アレグラFXで症状が治まらない時は

アレジオン10を試した方がいいですよ。